おなかいたい

文鳥と恋人と音楽と映画。

パートナー解消の危機(夏休み中のぶんすけ)

夏休みのぶんすけはもりもり食べてピイピイ鳴いてすやすや眠り、いつもと変わらない毎日を過ごしていた。ただ一点を除いては。 私の恋人とラブラブすぎる。 恋人がいた5日間、もう私のことなんて眼中になかった。 放鳥すれば真っ先に恋人のところへ飛んで行…

信楽日帰り旅Part2(大小屋で陶芸体験)

魚松で近江牛と松茸をお腹いっぱい食べ、パンパンに膨れたお腹を抱えながら、私たちはまた信楽高原鉄道に乗って終点の信楽駅に向かった。 信楽ではたぬきが出迎えてくれた。 なんとホームにずらっと50体ほど並んでいる。 子供だったら怖くて泣いてる。 子供…

信楽日帰り旅行 Part1(信楽高原鐵道と松茸屋魚松)

恋人との夏休み第2部が始まった。 遠出をしようかといろいろとプランを考えてみたりしたが、結局帰省ラッシュのこの時期に関西を出るのは賢くないな...ホテルも高いし...ということで、日帰り可能な関西圏、滋賀の信楽に行くことになった。 信楽は大阪から電…

髪の毛くるくるになった

髪を切った。 切ったと言っても、一般的に言えばまだまだロングヘアの域なのだが、15cmは切った。 そしてパーマをあてた。 当初は髪をハリーポッターのロン・ウィーズリーみたいな赤毛にしてもらって、ウルフカットにしてもらおうと思ったのだが、私が思うよ…

老人と文鳥(じいちゃんばあちゃんってのはすごい)

帰省2日目。 ↓1日目 www.bronicbronic.com おじいちゃんとおばあちゃんというのは不思議だ。 鳥を飼ったことがないのに、鳥を飼ったことがあるかのようなことを言う。 ぶんすけと遊びながら、 ばあちゃんは 「あんた、眠たいんか?あんよが熱いで」 「細う…

夏休みが、きた!(文鳥と移動用ケージで帰省)

やっと夏休みが来た! 私にも!夏休みが!きた! というわけで、初日からぶんすけを連れて祖父母宅へ帰省。 いつものように移動用のハートフルキャリーに餌と水を入れ、キャリーを保冷バッグに入れる。 自宅から駅までは徒歩15分ほどだが、外はかなり暑く、3…