おなかいたい

文鳥と恋人と音楽と映画。

記録

映画「宮本から君へ」が凄まじかった

恋人が先週の土曜日に「宮本から君へ」を観に行っていた。 観終わった恋人は、興奮したように「やばい。宮本から君へ、トップ10入った」とラインをよこした。 恋人と私は結構映画が好きだ。 毎週末会っている時はたいてい映画館に行っているし、だいたい暇な…

無職と文鳥、大阪を去る。

引っ越しをした。 今の家には2年半ほど住んでいた。 治安はそこそこ悪いことで知られており、あまり住みたい街とは言えない。 チャリはすぐパクられるし、パトカーや救急車のサイレンは日常茶飯事だ。 変なおっさんもいるし、空き缶集めのお爺さんも毎朝何人…

仕事やめた

仕事やめた。 本当にやめちゃった。 なんかいろいろ理由はあるんだけど、まあめんどいので割愛。またそのうち書くかもしれないし書かないかもしれない。たぶん書かない。めちゃくちゃ長くなっちゃうから。 というわけで私は今絶賛無職。というか有給消化中。…

信楽日帰り旅Part2(大小屋で陶芸体験)

魚松で近江牛と松茸をお腹いっぱい食べ、パンパンに膨れたお腹を抱えながら、私たちはまた信楽高原鉄道に乗って終点の信楽駅に向かった。 信楽ではたぬきが出迎えてくれた。 なんとホームにずらっと50体ほど並んでいる。 子供だったら怖くて泣いてる。 子供…

信楽日帰り旅行 Part1(信楽高原鐵道と松茸屋魚松)

恋人との夏休み第2部が始まった。 遠出をしようかといろいろとプランを考えてみたりしたが、結局帰省ラッシュのこの時期に関西を出るのは賢くないな...ホテルも高いし...ということで、日帰り可能な関西圏、滋賀の信楽に行くことになった。 信楽は大阪から電…

老人と文鳥(じいちゃんばあちゃんってのはすごい)

帰省2日目。 ↓1日目 www.bronicbronic.com おじいちゃんとおばあちゃんというのは不思議だ。 鳥を飼ったことがないのに、鳥を飼ったことがあるかのようなことを言う。 ぶんすけと遊びながら、 ばあちゃんは 「あんた、眠たいんか?あんよが熱いで」 「細う…

夏休みが、きた!(文鳥と移動用ケージで帰省)

やっと夏休みが来た! 私にも!夏休みが!きた! というわけで、初日からぶんすけを連れて祖父母宅へ帰省。 いつものように移動用のハートフルキャリーに餌と水を入れ、キャリーを保冷バッグに入れる。 自宅から駅までは徒歩15分ほどだが、外はかなり暑く、3…

脳天ブチ抜きスーパーキュート文鳥

遊んでたらめちゃくちゃ可愛いぶんすけが撮れてしまったから記録する。 30分くらい動き回り、跳ね回り、私の足に求愛ダンスを踊りまくり、 遊び疲れて眠くなっちゃったぶんすけ。 私の手の上で溶けて眠りだした。 たまに様子を伺ってくる。 私の脳天をブチ抜…

ぶんすけも「せやな」って言うてる

今回の選挙の全国投票率が27.3%だったとか。 私の家族や恋人、友達も投票に行っていたし、Twitterやインスタでも、みんな投票に行っている印象だったので驚いた。 私はすっかりSNS中毒者となっているので、SNSが世界の中心みたいになっている。 私の世界では…

久しぶりに

久しぶりにブログを書く。 どうやら4月からブログを放置していたようだ。 別にその間何か特別な出来事があったというわけではなく、ただただ平凡な毎日を過ごしていた。 強いて言うなら4、5月が繁忙期だったので、ブログから足が遠のき、そのまま今日までア…

桜と文鳥と私(ぶんすけとお花見)

繁忙期真っ只中だ。特に今週は朝7時に出勤したりする日が多く、いろいろと忙しい週だった。そんな忙しい1週間を癒すべく、一人と一匹でお花見に出かけることにした。お花見と言っても、すぐ近くの公園のベンチに座って桜を見るだけだ。徒歩1分の距離。しかし…

興奮さめやらぬぶんすけ

新しいリボンをぶんすけにあげた。この前リネンのリボンをあげたところ、たいそう喜んでいたので、今回はサテンの細めのリボンをあげてみた。めちゃくちゃ興奮していた。リボンをくわえてベッドの上をぴょんぴょん飛び跳ねて、それはそれは嬉しそうだった。…

チュンよ安らかに眠れ

恋人は毎日仕事が終わるとLINEをくれる。恋人の方が私より遅く仕事が終わるので、私は毎日恋人からの「しごおわ」ラインを待ち、「おつかれ」とラインを送る。それから寝るまでだいたいラインをしている。その日はこんなラインが来た。恋人らしい。仕事終わ…

いつでも待っていてくれる

ついに仕事が繁忙期に差し掛かってしまった。私の仕事は2月の後半から4月の終わりくらいまでが繁忙期で、繁忙期がなかなか長い。繁忙期は外に出る仕事も多い。毎年のことだが、体力が削られてしまい体調を崩したり、何かしらの病気をしてしまったりする。今…

また会えたらいいね

土曜日は高槻の「花よりにゃんこ」に行ってきた。最近猫が可愛くて可愛くてしょうがない。この前は保護猫カフェに行ったが、今回は普通の猫カフェだ。「普通の猫カフェ」とは言うものの、病気を持っていたり、片目がなかったりする子が数匹いて、そういうハ…

風邪っぴきストロングスタイル

風邪をひいてしまって寝込んでいる。会社を休んでしまった。幸いインフルではないようでほっとしている。風邪をひいて会社を休んではいるものの、そう簡単に眠れないし、しんどいのだがバキバキに目が冴えているので、ぶんすけを放鳥しながら横になっている…

鳩に餌をあげる不審者(会社員・女性・25歳)

最近、”変な人” に片足を突っ込んでいるかもしれない。別に”変”であることに気持ち良さを感じたり、”個性的”であることが良いと思っているわけではない。というか、そういうベクトルの”変”ではない。なんだろう、「目合わせたらダメ!(害されるから!)」みた…

ぶんすけのLINEスタンプを作った

私の楽しみは、1.SNS(ツイッター、ブログ)2.ネットサーフィン3.食べることの3つだ。そのうちの一つが、今機能しなくなっている。味覚障害によって、食べることが楽しくなくなっている。“食べること”をしている時間を、何か他のことで楽しくできないかなあ。…

愛しい(味覚障害になってしまった)

味覚障害になってしまった。何がどうして味覚障害になってしまったのか、わけがわからない。大して日常にストレスを感じてはいない。仕事も繁忙期に差しかかり、忙しくはなってきたものの、大してストレスではない。生活面はいつも通りだ。持病は良くもなら…

外でひとり言を言う人は客観的に見て怖い

スーパーで買い物をしている時に、(あ、ぶんすけの豆苗切らしてるわ)と思い、うっかり「ごめんごめん」と口に出してしまったのだが、(いや誰に謝ってるねん)と心の中でつっこんで、それに対して(いやだから誰につっこんでんねん)とつっこんでしまって、一人…

「へえ、あんたもナナって言うんだ。私はぶんすけ。」

ぶんすけに、朝起きて「大好きだよ」と言い、帰宅したら「今日も可愛いね」と言い、寝る前に「愛してるよ」という生活をしている。「俺の速さについてこれるかな?」「へえ、あんたもナナって言うんだ。私はぶんすけ。」「Hey Siri、今日の天気は?」とりあ…

よそはよそ、ウチはウチ。(ぶんすけ、初めてのシャインマスカットを食す)

ぶんすけは今日で生後半年が経つ。4月4日に神戸で生まれたシティーボーイは、大阪でも調子よくシティーボーイをやっている。生まれも育ちも生粋の関西人だ。そんなぶんすけにハーフバースデーのお祝いをあげた。近所のスーパーのおつとめ品コーナーに置いて…

うちの子はペットホテルでもお利口さん(りんご音楽祭3日目)

松本3日目。朝食をホテルで食べた私達は、しばらく部屋でグダグダと過ごし、遅めのチェックアウトをした。11時前くらいにホテルを出て、松本市を歩いた。松本はコンパクトで、綺麗な街だ。清潔で、街灯や橋などに少し西洋の趣を感じる。人はほとんどいない。…

ばあちゃんがうちの子のこと「チュンチュン」って呼ぶ。(ぶんすけやで)

ばあちゃんが、せっかく私が名付けた「ぶんすけ」という名前を無視して勝手に「チュンチュン」と呼ぶ。チュンチュンではない。ぶんすけだ。だいたい私の周りは人の文鳥に好き勝手名前をつけがちだ。ぶんのすけ、とかピッピ、とかピー助とか、チュンチュン。…

神戸どうぶつ王国で、ついに真の姿へ...!②

神戸どうぶつ王国後編。(前編はコチラ)アルマジロや変な生き物達を見た後は、念願の鳥と触れ合えるコーナーへ。20分持ち時間があって、1組入ったら1組退出する仕組みだ。部屋に入る時に鳥にあげる餌をもらえる。餌をもらう時、「モモイロインコはよく噛むの…

愛してるよ

ずっと一緒にいようね。愛してるよ。にほんブログ村

神戸どうぶつ王国で、ついに真の姿へ...!①

ついに...ついに待ち望んだ日が来た。阪急十三で乗り換えて三ノ宮、そしてポートライナー乗り換えという遠い道のり....全ては”コレ”になるために────!!!というわけで(???)行ってきました、神戸どうぶつ王国。こんな風に、色とりどりの鳥さんを肩や手に…

台風21号で部屋がバキバキ

台風21号、ヤバすぎる。なんだこれ。地震と同じくらいマンション揺れたわ。安物件すぎるからかもしれない。地震の件→地震当日 ぶんすけと同伴出勤 同伴出勤終了台風が大阪に上陸する5時間前くらいに、ちょうど7針縫う怪我をしたので、朝方に近くの病院の緊急…

「まるちゃん 小鳥がほしくなる」の巻(ちびまる子と文鳥)

さくらももこさんが亡くなったらしい。私はちびまる子ちゃんのアニメ意外では特にさくらももこ作品に触れたことはない。原作も読んだことがないし、コジコジも有名なシーンしか知らない。原作を読んでいる大学時代の先輩が、「まる子が文鳥を飼いたがる話」…

老夫婦に愛でられるぶんすけ(帰省編part3)

ぶんすけと帰省編の最終章である。Part1Part23日間父方の祖父母宅で過ごした後、母方の祖父母宅へと向かった。母方の祖父母はペットを飼ったことがない。突然の文鳥に驚き、どよめき、動揺を隠せないのではないかと危惧した。車で駅まで迎えに来てくれたばあ…