おなかいたい

文鳥と恋人と音楽と映画。

二日間限定の白い羽

玄関の鍵をガチャリと開けると、
ピッピッ!とぶんすけが私を呼んでいる。
1Kのマンションの玄関と部屋の距離はわずか3mほどだ。
ぶんすけは鍵の音で私が帰ってきたことを把握し、いつも嬉しそうに呼び鳴きしてくれる。

...と思っているのは私だけで、実は常にピッピピッピ鳴いているのかもしれないが。
しかし、いつも部屋にいる時は静かにしているので、やはり私が帰ってきたことが嬉しいのだろう。そういうことにしておこう。


部屋のドアを開けると、ケージの中から私の姿が見えたぶんすけは、私の方に駆け寄ってくる。
よっぽど寂しかったのだろう。なんて可愛いやつなんだ。
私は毎日、「ぶんすけただいまー!」
「つかれたー!」
「今日も可愛いねー!」
「元気にしてたー?」
「寒かったよー!あったかくしてるか〜?」
とぶんすけに声をかけながらコートを脱ぐ。


ぶんすけは毎日毎日、私を待っていてくれる。
ぶんすけが私と暮らすようになってから、毎日家に帰るのが楽しみになった。
だってぶんすけに会えるのだから。



最近のぶんすけは、換羽で可愛さがアップデートされて、お腹に可愛い白い羽が現れた。
IMG_8078
IMG_8079
IMG_8080

いやあ、これは、可愛すぎる。
換羽前も胸元に白い羽はあったのだが、こんなにも主張が激しい羽ではなく、ふんわりとした薄い白の羽だった。


「これぞ桜文鳥だ!可愛い!素敵!よっ!男前!イケメン!」
と、褒めそやしていたのだが、
昨日急にその白い羽が消えてしまった。
一体どういうことだろうか。
換羽前にはなく、換羽後に現れて、2日で消えてしまった。
謎すぎて恋人にラインした。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

恋人の見解は、「動いて取れたんやろ」だった。

そうなのか...

可愛かったので残念だ。
まあ白い羽がなくても十分可愛いくって男前でイケメンなのだけれど...(親バカ)
2日間限定の白い羽だった。


↓押してもらえると嬉しいです!
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ