おなかいたい

文鳥と恋人と音楽と映画。

人との距離のはかりかた(ぶんすけから0mの距離にいたい)

ぶんすけはどうやら人との距離の詰め方がわからないタイプらしい。

f:id:luvumom:20190908171054j:image
f:id:luvumom:20190908171032j:image
f:id:luvumom:20190908171044j:image
f:id:luvumom:20190908171035j:image
f:id:luvumom:20190908171047j:image

近い。近すぎるぞぶんすけ。

 

「えっ、ぶんすけってもしかして人との距離感つかめへんタイプ?知ってる?人間にはパーソナルスペースってのがあってな、良い関係を保つには距離感ってのが大事なんやィタan&g@jw(ここで唇をつままれる)」

 

 

唇を引きちぎりそうな勢いでつまみ、人間のことなんざ知るかい。といった様子で顔の上に鎮座なさった。

実はぶんすけの距離感が近いのはいつものことなのだ。

 

パーソナルスペース云々と言ってみたりするが、実際のところはぶんすけが近くに寄ってくればくるほど嬉しい。

もうぶんすけから0mの距離にいたい。

 

ただぶんすけとの会話も楽しみたいので、変に「えっ、人との距離感つかめへんタイプ?」だとか言ってしまうのだ。

ぶんすけのことを普通に友達だと思っているので、普通に会話してしまう。

もしかして一部の人からみたらヤバい女なのかなあ。もしかしなくてもそうかも。そうだね。

 

 

そういえば、plentyで「人との距離のはかりかた」って曲あったな。懐かしい。

 

 

ぶんすけが私との距離を縮めてくれればくれるほど、私の心がふわっふわになる。

ふわふわって表現がちょうど良いな。

毎日ふわふわにしてくれてありがたいな。

 

 

↓押してもらえるとうれしいです。

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村