おなかいたい

文鳥と恋人と音楽と映画。

映画「宮本から君へ」が凄まじかった

 

f:id:luvumom:20191002134202j:image
f:id:luvumom:20191002134159j:image

 

恋人が先週の土曜日に「宮本から君へ」を観に行っていた。

観終わった恋人は、興奮したように「やばい。宮本から君へ、トップ10入った」とラインをよこした。

恋人と私は結構映画が好きだ。

毎週末会っている時はたいてい映画館に行っているし、だいたい暇な時はNetflixを観ているし、やることがなければゲオに行く。

そんな恋人のトップ10に入ったと言う「宮本から君へ」はいったいどんな映画なのか。興味が湧き、観に行くことにした。

 

 

 

観た。はっきり言ってめちゃくちゃ良かった。

本当に、めちゃくちゃ良かった。

まず、主演二人。この二人が本当にすごい。

f:id:luvumom:20191002124834j:image
f:id:luvumom:20191002124838j:image

 

主演の池松壮亮ももちろん素晴らしく、池松壮亮の出演作品に多い、淡々とした演技や大人しめの演技ではなく、全力の、これでもかというほど熱い演技で魅せてくれる。f:id:luvumom:20191002130359j:image
f:id:luvumom:20191002130356j:image

 

 

しかしやはり蒼井優には圧倒された。

もはや怪演だ。靖子に容赦無く降りかかってくる災難に、蒼井優はぐちゃぐちゃの顔で、全力で演じる。

f:id:luvumom:20191002130313j:image
f:id:luvumom:20191002130310j:image
f:id:luvumom:20191002130319j:image
f:id:luvumom:20191002130315j:image

 

 

他に、拓馬というキャラクターを演じる一ノ瀬ワタルという役者がいるのだが、かなり憎らしくて役にぴったりだった。

2ヶ月で33kg増量したらしい。すごい。

f:id:luvumom:20191002131143j:image
f:id:luvumom:20191002131141j:image

こいつ(拓馬)は本当に救いようがない。

今でも腹が立つ。

ちなみに拓馬の父親がピエール瀧。

この映画を撮った後に薬物問題があって捕まったのだが、無事今回公開されることになった。

ちゃんとピエール瀧もがっつり出ている。

f:id:luvumom:20191002131429j:image

 

序盤、二人が晴れた日に外であることをしている時に、宮本が「幸せだなあ」と言うシーンが印象に残った。

私もそんな風に思うなあ。なんて思った。

本当にすごく些細なシーンなのだけれど。

 

終わり方もよかったなあ。

あと、台詞ですごく好きなのがあった。

 

エンドロールは、まるで違う映画を観ているようで、なんだか南瓜とマヨネーズを観ているような、えっとつまり、川島小鳥の写真を観ているような、幸せな気持ちになった。BGMはめちゃくちゃアツい宮本浩次なんだけど。

 

「宮本から君へ」はドラマ化もされており、ドラマは”新人熱血営業マンの成長ストーリー”といった感じだった。

f:id:luvumom:20191002133124j:image

f:id:luvumom:20191002133156j:image
f:id:luvumom:20191002133159j:image

映画もそんな感じなんだろうか。と思っていたが、全くそうではなかった。

どうやら、原作漫画では前半がドラマ化された部分、後半が映画化された部分のようだ。

映画は完全にラブストーリー。恋愛映画だ。

それも生命力に溢れた、熱くて、痛い、凄まじい恋愛映画だ。

f:id:luvumom:20191002133101j:image
f:id:luvumom:20191002133058j:image

これを”痛い”ではなく”イタい”と思う人もいるだろう。

しかし私は、全力で戦って、全力で愛し、全力で生きる。

そんな宮本と靖子を”イタい”と思えなかった。

 

 

これは最高に暑苦しい、痛くて生命力に溢れた恋愛映画だ。

観終わった後、今愛している人を離さずにいようと思える。そんな映画だった。

 

 

↓押してもらえるとめちゃくちゃ嬉しいです

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村